鹿北町の孟宗竹を使用した「干しタケノコ」

鹿北町の孟宗竹を使用した「干しタケノコ」
良質なタケノコを使用した「干しタケノコ」
 戻した「干しタケノコ」を油で炒め、野菜を入れて、その後味付け。出来上がった料理を皿に盛り付けて刻みネギを一摘みしてふりかける。味のクセが少ない鹿北町のタケノコはその他にも様々な調理法で楽しめます。
 全国でも有数のタケノコ産地である熊本県山鹿市鹿北町。そこでは毎年おいしいタケノコや長期保存用の「干しタケノコ」が生産されています。
 収穫された天然のおいしいタケノコをじっくりゆっくりと干すことにより、本来ならば傷みの早いタケノコを好きな時に味わうことが出来ます。時間を掛けて干した「干しタケノコ」にはタケノコ本来のおいしいさと風味がギュッと詰まっています。
 熊本県山鹿市鹿北町の大自然の恵みが詰まった、食べたい時にたべられる特産「干しタケノコ」はいかがでしょうか。
山鹿産のタケノコがおいしい理由
 毎年春になると店頭にずらり並び、観光で訪れた人の舌を唸らす大人気のタケノコ。熊本県山鹿市鹿北町のタケノコがおいしいのには理由があります。一つは環境が良いこと。鹿北町の赤土を湛えた広大な大地とミネラルたっぷりのおいしい水の恵みを受けて育ったタケノコは白くて柔らかく、エグみが少ないのが特徴です。そして生産者の技術と愛情がたっぷり詰まっていることです。
 旬の時期は短いタケノコですが、おいしいタケノコを収穫するには年中ずっと手入れをかかさずに行う必要があります。鹿北町のタケノコが収穫できる竹林はどこも風通しがよく日差しが差し込む美しい竹林です。さらに栄養たっぷりのおいしいタケノコが成長するように竹同士の間隔は一定以上あけて栽培しています。
 毎年多く人が熊本県山鹿市鹿北町のおいしいタケノコを目当てに山鹿へ訪れています。

干しタケノコの戻し方

1、水に漬ける

水又はぬるま湯に5~6時間又は、一晩ひたします。

2、じっくり茹でる

水又はお湯をたっぷり入れ柔らかくなるまで茹でます。(沸騰し始めたら弱火で1~2時間、圧力釜の場合は沸騰し始めたら弱火で20分程)

3、そのまま冷ます

茹で終わったら火を止め茹で汁が冷めるまでそのまま放置します。

4、仕上げ

茹で汁が冷えたらて取り出して、適当な大きさに切り水でもみ洗いしますとにごりが出てきれいになります。



様々な調理にお使いいただけます。
 戻した「干しタケノコ」は煮物、炊き込みご飯、ちらし寿司など様々な方法でお楽しみいただけます。
 ※右の画像は油炒めした後、水、醤油、砂糖、酒少々で調理し、味が染み込むまで煮たものです。冷めたものをあたため直すとより味が染み込み、一層おいしくお召し上がり頂けます。

鹿北町の孟宗竹を使用した「干しタケノコ」

干しタケノコ 80g 540円(税別)
干しタケノコ 80g 540円(税別)
商品名 鹿北町の孟宗竹を使用した「干しタケノコ」
内容 約80g
生産地 熊本県山鹿市鹿北町
販売元 道の駅鹿北小栗郷
販売期間 ~8月上旬
ショップ名:
道の駅かほく小栗郷

価格 540 円(税別)

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

お客様の声